桜並木どっとこむ

新ひだか町静内二十間道路の
秋の様子



2012年10月

2009年10月


2009年10月

2009年9月









霜が降りてもうすぐ冬













 静内農業高校の生徒さんが1998年から毎年、観光客に楽しんでもらうために、桜並木約7Km のうち、約2.5Kmの区間でコスモスを植えてきました。町づくり運動協議会の呼びかけにより町民の方も参加され、生徒が6月中旬から育ててきた苗を植えました。コスモスは9月初旬に赤、ピンクなどのあざやかな花を咲かせ、秋の訪れを告げます。

8月の終り頃から咲き始めたコスモス。

帰り道、振り返ると二十間道路の上に虹がかかっていました。
2004/9/10





夕暮れ

秋晴れ
牧草をロールにする作業



 

2004/9/19






2002年10月2日の台風21号の風により、倒れたコスモスと折れてしまった桜の木。

桜のトンネル 春にさくらの色に染まっていた木々も葉を散らしていました。

二十間道路 10月始め。

   











2011/10/24

ゆきむし

2012/11





2018年10月20日



 朝露が凍って氷の雫に。

冬のはじまり。


 

topへボタン